金髪の女性

駅から徒歩数分でお風呂でイチャイチャできる城東町のソープ

昔と今のソープ嬢のお客への対応

昔の女性と今の女性にはいろいろな点で違いがあります。昔の女性はこだわりがあり自分がこうだと決めるとなかなか譲りらないところがありました。今の女性は大事なことでも簡単に譲ってしまうところがあるようです。実はソープ嬢でも昔のソープ嬢と今のソープ嬢ではいくつかの点で違いがあります。
まず昔のソープ嬢ですが、お客さんと初めて対面する時には正座で三つ指を付いていました。昔の古き良き時代の奥さんのようです。プレイ中も敬語で常にお客さんの下手に出ていました。ところがお客さんがソープの決まり以外の事をすると凄い剣幕で怒鳴りつけてくるのです。もうこうなった時には絶対に引きさがりませんし、お客さんが謝るまで怒りは収まらない程怖いお姉さんになります。
次に今のソープ嬢はお客さんと会って直ぐに腕にしがみ付いついてきます。なれなれしく言葉使いはタメ口な子もいます。お部屋に入ると即尺から始めてくれ、まったりな雰囲気になります。今のソープ嬢達はもしお客さんが無茶をしてきてもほとんどその場では怒りませんし、サービスが終わった後に店長に言ってNGにして2度と接客しないくらいでしょう。
このようにお客さんとの不祥事があった時の昔と今のソープ嬢の対処の違いですが、昔はソープ嬢のお姉さんがキレてもその場で済んだのでしょうが、今は下手をするとSNSに書かれて炎上するかもしれないので、今のソープ嬢のやり方が良い方法かもしれません。

注目の記事

このページのトップへ